自己破産をする前に知っておくと便利

自己破産をする前に知っておくと便利

自分の財産と債務(借りたお金)のバランスが崩れ、返済の見通しが立たなくなった時、全財産をお金に換えて債権者(お金を貸した側)に返し清算する制度です。

自己破産とは?
保証人を立てるため、借金の請求はすべて保証人に行きます。

おおかたの場合、一括では支払えないので分割できるように話合い、双方が折り合いをつけていきます。

この制度は、生活を立て直し人生をやり直すことを目的としています。

自己破産すれば、借金がすべて帳消しになり、すっきりしたという経験談や雑誌記事はありますが、破産までの経緯や原因をしっかり見直して同じような生活を繰り返さないようにする必要があります。

自分の生活のクセや、生活習慣を見つめ直すチャンスです。

自己破産すると7年間は、お金を借りることはできなくなります。

戸建でもマンションであっても住宅は手放すことになります。

財産などは、全てお金に換えてから、お金を貸してくれたところへ返金するからです。

車・バイクなどもローン中であれば、ローン会社へ引き渡すことになります。

あと気にかかるのは、家族と職場でしょうか。

自己破産は、家族に迷惑はかかりませんし、会社も自己破産を理由とした解雇はできません。

職場に通知は行くような事はありませんが、国が発行する「官報」に掲載されるので、職種によっては目にとまる可能性がないとは言えません。

しかし、家族に内緒でいるのは、難しいと考えたほうがいいようです。

これからの生活に、家族の協力は欠かせないので、正直に打ち明けて、認識してもらいましょう。

まずできることは、現在の状態を直視して無駄な支出を減らすことです。

自己破産以外の方法で返済処理ができないか考え、可能な道を探しましょう。

自己破産制度は、最終的なものであり「行きつくところがない本当の最終地点」に行う手段とお考えください。

返済ができない時も、心労は絶えないでしょうが、自己破産までの道のりも簡単ではありません。

心にかかる負担は、自分も家族にも大きいものです。

身の丈に見合ったお金の使い方をしていくことが大切です。